セミナー

スキルマップ作成のポイントを解説(入門編)製造業の人材育成に活用する方法とは

セミナー概要

労働人口の減少や多品種少量生産の広がりがあり、より一層、一人ひとりに対する育成や教育の必要性が増しています。
スキルマップによって、経営者や管理者は、組織内にどのようなスキルを持った人が何人いるのか、人材やスキルの状況を可視化し、一覧にて把握することができます。 これにより、組織内で現在または将来的に不足するスキルを明確にし、組織としてどのようなスキルを強化し、補充していくべきかが明らかになります。
しかし、スキルマップ自体の作成はしたものの、人材育成などへの活用ができていない、 あるいは、スキルマップは作成したものの、その後、形骸化してしまっているケースも多くあります。

今回、現場の教育や育成に活用できるスキルマップ作成のコツを入門編としてご紹介します。

こんな皆様におすすめの内容です

・現場の人材育成に活用したい
・スキルマップはあるが、作りっぱなしになっている
・活用できるスキルマップの構築方法を知りたい
・多能工育成や技術伝承に活用したい

プログラム

1.スキルマップによるスキル管理が必要な背景
2.そもそもスキルとは?
3.スキルマップを作成する目的
4.スキルマップ作成のステップ
 スキル体系の整理 /スキル基準の策定 /スキルの棚卸し

登壇者のご紹介

株式会社Skillnote  代表取締役
山川 隆史(やまかわ たかし) 

早稲田大学理工学部卒。1996年に信越化学工業(株)入社。製造現場経験を経て、電子材料事業本部にて新規技術のビジネス開発や、開発品のグローバル市場開拓に従事。担当先であるIntel社の工場を飛び回る中で、全世界共通のシステマチックな教育制度である”Intel University”に感銘を受け、製造業向け人材育成領域での起業を決意。2006年に独立し、研修プログラムの開発などを通じた製造業の人材育成支援に奔走。2016年に株式会社Skillnoteを設立、現在に至る。

開催日程

2022年1月27日(木)14:00~14:40 

申込締切 

2022年1月26日(水)17:00

会場

オンライン開催
※ビデオ会議システム「Zoom」を利用します(インターネット環境があれば、どこからでも視聴可能です)
※視聴方法はお申し込み後セミナー開催前までにご案内いたします。

お申し込み


本件に関するお問い合わせ先
株式会社Skillnote
担当:広報担当
電話:03-6262-5040
お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました