活用シーン

スキルの可視化

組織のスキル総量や社内のスキル状況を常に把握できる

スキルの可視化

 事業継続のために、全社のスキルを可視化する

社員が持つスキルの総量は、“企業競争力”そのものです。 事業を継続するためには、スキルの総量が不足してしまわないように、まずは社員のもつスキルを正しく把握しなければなりません。


SKILL NOTEは、社員の業務スキル、資格・認定、業務経験、教育履歴といった情報を一元管理し、会社全体のスキル総量を可視化します。 様々な切り口での分析から、意思決定に必要な気づきを得ることができます。 これにより、3年後を見据えた、事業継続のためのスキル管理を実現します。

スキルの可視化

 職場単位でスキルを可視化する

スキルマップや各種グラフによって、職場メンバーのスキルや教育状況を可視化します。


SKILL NOTEでは、将来喪失するスキル、弱みとなっているスキルを可視化することで、何の教育を優先しなくてはならないのかを、具体的に把握できます。 また、それらを育成計画に落とし込み、本人と目標を共有しながら、育成やスキル習得を推進いたします。

本人と目標を共有しながら、育成やスキル習得
スキルマップ

現場の人材育成
 本人のスキルを可視化する(キャリアシート)

SKILL NOTEでは、社員一人ひとりの保有するスキルや資格、教育の受講履歴、また業務経験などのデータを、個人別履歴としてまとめて見ることができます。


個人別のスキル(キャリアシート)を上長や必要な立場の人がいつでも見られるようになることで、本人に適した人材育成やジョブローテーション、また社内での積極的な人材活用が行いやすくなります。

このページを見ている人はこちらも見ています

SKILL NOTE の機能詳細や導入事例を確認いただけます。