活用シーン

現場の人材育成

将来の不足スキルを可視化し、スキル継承や多能工育成を推進

現場の人材育成

シーン01
 多能工を計画的に育成する

多能工育成のためには、職場メンバーのスキルの棚卸し、可視化がその第一歩となります。


SKILL NOTEでは、職場メンバーのスキルをスキルマップ上で管理。職場のスキル総量と個人のスキルを把握した上で、育成計画を立て、計画的に多能工の育成を推進することができます。

シーン01

シーン01
 技能伝承により、スキル喪失への早期対応を進める

定年退職等によって、将来的に喪失/不足するスキルをグラフ化して把握。具体的な育成計画に落とし込んで、若い世代への継承を実行します。


SKILL NOTEでは、将来喪失するスキル、弱みとなっているスキルを可視化することで、何の教育を優先しなくてはならないのかを、具体的に把握できます。また、それらを育成計画に落とし込み、本人と目標を共有しながら、育成やスキル習得を推進いたします。

シーン01
 本人と上長でキャリアプランを共有し、
 社員の成長を支援する

職場でのスキル管理や人材育成を進めると、どうしても会社都合の育成計画が中心となり、本人不在の育成計画になりがちです。

人材育成の主役はやはり社員ご本人です。


SKILL NOTEでは、スキルマップやステップアップシートという機能を用いて、具体的な項目で成長ステップを明示し、本人と目標を共有しながら、育成やスキル習得を推進することができます。

これにより、社員の成長意欲やモチベーション向上も期待できます。

このページを見ている人はこちらも見ています

SKILL NOTE の機能詳細や導入事例を確認いただけます。