スキル管理

従業員の実務スキルを「見える化」し、
人材育成や人材活用につなげる

スキルマップや力量管理表が形骸化していませんか?

こんな悩みはありませんか?



課題
線
SKILL NOTE による解決策
課題01
事業継続のためのスキル維持管理に手が打てていない
右矢印
会社全体のスキル総量、組織におけるスキルの強み弱みを様々な切り口で把握できます。そこからスキル維持に向けた対策のための判断材料を得る事ができます
課題02
スキルの一元管理、可視化ができていない
右矢印
職場ごとに個別管理しているスキルデータをSKILL NOTEで一元管理。組織を跨いだ横断的な管理や可視化を実現します
課題03
部署異動があるとスキル情報が引き継げていない
右矢印
個人単位で過去から現在までのスキル情報を蓄積でき、異動先部署でもスムーズな人材把握が可能です
課題04
スキルを持った人材を探す手段がない
右矢印
スキル名、スキルレベルなどで検索をして、人材を探し出す事ができます
課題05
次世代へのスキル継承が行えていない
右矢印
年齢別のスキル分布やスキルの経年変化のグラフから、今後喪失する可能性があるスキルを事前にキャッチアップする事ができます
課題05
スキルの底上げや多能工化を推進したい
右矢印
部署単位のスキルマップから、スキルの偏りを確認。多能工化の計画を立案する事ができます

組織のスキルを一元管理・可視化

スキルマップ(力量管理表)

組織が保有するスキルを一元管理して見える化。保有スキルを横断的に把握できるので、組織の弱点、今後教育すべきスキルが明らかになります。職場単位での登録にも対応しており、現場の実状に合ったスキル管理が可能です。

教育計画と育成進捗を管理

スキルマップでは、社員の保有するスキルレベルが判るとともに、教育計画の登録ができるので、誰が育成されているかまで把握できます。また教育計画に対する進捗管理や、教育結果の登録も行うことができます。

紙やExcelのスキル管理から脱却

統一のフォーマットを用いて、ブラウザからいつでもスキルマップの閲覧や編集が可能になります。Excel管理のような属人化を排除し、会社全体でのスキルの一元管理、可視化を実現します。

喪失/不足するスキルを把握する

横断的なスキル分析ができる

社員の持つスキルの総量は、“企業競争力”そのものです。
SKILL NOTEでは、様々な切り口から、組織をまたいだ横断的なスキル分析を可能にします。

育成すべきスキルを可視化

将来的に喪失/不足するスキルやボトルネックになるスキルをグラフ化して把握。具体的な育成計画に落とし込み、若い世代へ継承するための計画の立案実行が可能になります。

「将来、どのスキルが不足するのか?」
「何を優先的に教育しなければならないのか?」
「どの部署の教育が遅れているのか」

といった課題を明確にし、3年後を見据えた事業継続のためのスキル管理を推進することができます。

SKILL NOTE の機能詳細や導入事例を確認いただけます。