組織のスキルを維持・強化する

スキル管理ソリューション SKILL NOTE

社員が持つスキルの総量は、“企業競争力”そのものです。
3年後を見据えた、事業継続のためのスキル管理を実現します。

SKILL NOTE は、組織と社員のスキル強化を
支援するソフトウェアサービスです。

組織のスキル総量と教育状況を可視化し、
人材育成を推進するための基盤を提供します。

  • 事業継続のための
    スキル管理ができる

  • 計画的な人材育成
    実現できる

  • 本人が成長するための
    キャリアプランが描ける

  • 経営層・人事

  • 上司・教育担当者

  • 本人

実務スキルを管理し、従業員の自発的な
スキルアップを促せるのはSKILL NOTE だけ

1企業独自の実務スキル
横断的に一元管理できます

SKILL NOTEで管理できるのは、一般的なビジネススキルや単なる資格取得状況だけではありません。企業内で独自に必要とされる、実務ベースの細かいスキルの登録・管理が可能です。例えば「特定の商品を製造する工程ごとの作業スキル」など、目的に応じた粒度で、スキルの登録・管理を実現できます。

2紙やExcelで行う管理よりもっと楽に、
もっと有効にスキル情報を活用

スキルの管理は、Excelや紙で、部門ごとに行っているのが一般的です。しなしながら、このような管理では、「従業員の部署移動があると、情報が引き継げない」「属人的な管理になっていて全社的な状況が把握できない」といった課題があります。
SKILL NOTEを使えば、せっかく棚卸しした従業員のスキル情報を単なる記録にとどめません。
社内の人材情報を可視化し、人材育成や人材の検索・配置等につなげます。

3職種ごとに育成体系図を作成し、
従業員に「成長ステップ」を明示します

職種や部門ごとに設定できる「ステップアップシート(育成体系図)」によって、従業員それぞれの成長ステップや、現在の到達レベルを明示することができます。
これにより、管理者の都合による一方的な育成ではなく、従業員自身を人材育成に巻き込み、自律的な成長を促すことができます。

4従業員が次のレベルに到達するために
やるべきことが明確になります

登録する情報によって個々人のスキルが可視化されるため、それぞれに不足しているスキルは何かが一目瞭然に。次のステップに進むために身につけるべきことが、従業員本人にも具体的にわかるようになります。

Q. どこまで細かく管理できるの?

SKILL NOTE ならこんなことができます

  • スキルの可視化

    スキルの可視化

    組織のスキル総量や社内の
    スキル状況を常に把握できる

  • スキルマップ・力量表

    スキルマップ・力量表

    Excelによる属人的な管理を避け、
    スキルマップや力量表をもっと活用

  • 現場の人材育成

    現場の人材育成

    将来の不足スキルを可視化し、
    スキル継承や多能工育成を推進

  • 人材配置・ローテーション

    人材配置・ローテーション

    社員一人ひとりのスキルや経験から
    人材配置やローテーションが行える

  • 資格の維持管理

    資格の維持管理

    社内認定や資格の
    更新漏れを防止

  • 教育運営の効率化

    教育運営の効率化

    受講履歴や教育記録を一元管理。
    研修運営の負荷も軽減できる

製造業様を中心にさまざまな業種でご利用頂いております

SKILL NOTE の機能詳細や導入事例を確認いただけます。