FSSC22000の特徴と「力量」に関する要求事項とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FSSC22000とは、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。この記事ではFSSC22000における「力量」の要求事項について、基本的な内容をご説明します。

FSSC22000とは?

「FSSC22000(Food Safety System Certification 22000)」とは、食品のより確実な安全管理を実践するためのマネジメントシステムとして定められた国際規格です。オランダに本部を構えるFSSC22000財団(Foundation FSSC22000)により新しい食品安全の認証規格として策定され、「GFSI(Global Food Safety Initiative/国際食品安全イニシアチブ)」によって承認されています。

GFSIは食品安全管理の承認を行う民間の非営利団体であり、世界中に事業展開している食品関連企業が参画しています。製品に関する安全の向上と、消費者との信頼を強化することを目的とし、食品小売業やメーカーが協働して、食品安全管理に関する承認などを行っている機関です。

FSSC22000の対象範囲となるのは食品小売業やメーカーだけではなく、食品包材製造業や飼料製造業、食品添加物製造業などまで、フードサプライチェーン全体に及びます。

●対象となる組織
・腐敗しやすい動物性製品(ハム・ソーセージや乳製品、水産加工物など)
・腐敗しやすい植物性製品(果物や野菜のジュースなど)
・腐敗しやすい動物性および植物性の混合製品(サンドイッチ、惣菜など)
・常温保存品(缶詰や砂糖など)
・化学製品(ビタミンや添加物など)
・包装資材(直接もしくは間接的に食品にふれるもの)
(引用元:https://www.jqa.jp/service_list/management/service/fssc22000/

FFSC22000の構成

FSSC22000は、「HACCP」と「ISO22000」をベースに構成されています。「HACCAP(Hazard Analysis and Critical Control Point)」とは、国連の食品規格委員会において発表された衛生管理の手法のことを指します。食品製造に関わる事業者が、原材料の入荷から製品の出荷に至るまでの全てのプロセスにおいて、想定される危害要因を除去又は低減するために必要な管理を行い、製品の安全性を確保する方法を定めています。

HCCAPの管理手法に、マネジメントシステムの要素が付加されたのが「ISO22000」です。ISO22000では、継続的に製品の安全や品質が担保される仕組みが要求されま

す。

FSSC22000ではさらに、設備の衛生や従業員の手洗いなどを含む、一般的な衛生管理について細かい要求事項が定められています。また食品事故の再発防止など追加の要求事項も定められており、改定が多いことが特徴でもあります。

FFSC22000取得の背景と目的

近年、食品業界全体でFFSC22000を取得する企業が増えています。食品業界では、一次生産から消費者に届けるまでに必要となる生産、加工、配送、保管などのプロセスに、数多くの企業(フードチェーン)が関わっています。複数の企業間取引を通して、認証取得がサプライチェーン全体に広まっているといえるでしょう。

例えば、FSSC22000を取得している大手食品事業者の場合、自社が提供する食品のフードチェーン全てを監視する必要があります。そのため農家、梱包資材メーカー、食品流通業者などに至るまで、自社製品に関わるすべての企業に対して、ISO22000の取得を求めることがあります。

このようにサプライチェーンが広がることによって、全世界で、食品の安全レベル、品質を一定以上に維持することが企業に対してより強く求められるようになっています。

こうした市場環境の中でFFSC認証を取得することは、安全な製品を継続的に提供できる状態を維持する仕組みを保持しており、消費者に対して安全な食品を提供できる企業であるという証の一つになります。そのため、取引先各社からの信頼を得ることにもつながるのです。

カレーハウスCoCo壱番屋を運営する株式会社壱番屋様がスキルマネジメントシステムSKILL NOTEを導入した背景とは?

FFSC22000で求められる「力量」 について

FFSC22000で求められる力量に関する考え方や管理方法は、基本的に「ISO9001」と同様です。FFSC22000では食品安全のためのパフォーマンス及び、それらを継続的に維持するためのマネジメントシステムに影響を与える業務について、作業者の力量を明確にすることが求められています。

力量が不足している場合は、必要となる教育訓練や指導の実施を適切に行わなければなりません。そうした教育を実施した場合は、その結果を記録文書として保存する必要があります。

もれのない力量管理を実現し、FFSC22000対応をサポートするスキルマネジメントシステムSKILL NOTEとは?

SKILL NOTE資料請求

食品業界におけるスキル体系例

作業者の力量管理を適切に管理していくにあたり、必要となるのがスキルマップです。スキルを体系化する方法についても、基本的にISO9001など他の規格と同様となります。FFSC22000でも、食品を安全に製造するために必要となるプロセスに沿ってスキルを棚卸ししていくのが一般的なスキルマップの作成方法です。

以下に細分化されたスキルの例を記載します。食品業界におけるスキルマップは、衛生状態を保つために、調理器具の洗浄や、食品加工を行う際の温度について、細かいスキルが目立つのが特徴です。

食品業界のスキルマップの特徴としては、衛生状態を保つために非常に細かいスキルが設定されているという点があります。例えば、使用した調理器具の洗浄や、食品加工を行う際の温度・軽量スキルなどが細かく定められているのが特徴として挙げられます。

まとめ

今回は、FSSC22000について基本的な内容を解説すると共に、力量に関する要求事項、スキルマップ作成にあたっての注意点を合わせてご紹介しました。

全世界的に食品の安全に関する要求が高度化している今、品質の維持・向上に関わる証明の必要性が高まっているといえます。

認証の取得を目指す場合は、要求事項に準拠したスキルマップを使用し、従業員の力量管理を適切に行っていくことが必要です。
FSSC22000に適合した力量管理システムの導入例をみる


力量管理の効率化・スキルの活用ならSKILL NOTE

  • スキル・資格マップを画面上で作成・共有
  • スキル所有者をパッと検索、多能工化、技能伝承の推進にも
  • 教育訓練記録や教育計画など、ISO力量管理の対応もシステムひとつで完結

SKILL NOTEの資料を見てみる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: banner01.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: banner02.png

関連記事

【無料ダウンロード】ISO9001対応!すぐに使える教育訓練記録テンプレート

教育訓練記録は、従業員が業務に必要な力量を身につけるために行った教育・訓練の結果を記録したもので、その教育・訓練が有効だったかの評価を含む情報を指します。…

Read More

力量管理を効果的に行っている企業の共通点とは【事例紹介】

力量管理について、運営上の課題をお持ちの企業も多いと思います。しかし力量管理は、積極的に活用することによって企業にさまざまなプラス要素をもたらしてくれます。…

Read More

製造業の多能工化を推進する3つのステップと成功企業の特徴とは

多能工化(マルチスキル化)とは、組織内で働き手一人ひとりが複数の業務に対応できるよう、教育・訓練を行うことを意味しています。製造業が多能工化を推進するにあたり…

Read More

「力量」とは何か? 企業における力量管理の基本と今後の可能性

「力量(りきりょう)」とは、個々の業務に必要な技能、知識、資格、経験等の能力のことを指しています。多くの企業では、ISO対応や顧客監査の対策として力量管理…

Read More

スキルマップ(力量管理表)の作成方法|スキル体系、評価基準、スキルの棚卸など

いざ、スキルマップを導入しようとすると、「職場に合ったスキルマップはどうやって作ればよいの?」「うちの職場につかえる見本はないかな?」というお声を耳にします…

Read More

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る