医薬品メーカーD社

資格保有状況を全社で一元管理し
コンプライアンス遵守を徹底

導入企業DATA

  • ■ 企業 : 医薬品メーカーD社(製造部門)
  • ■ 導入対象人数 : 500名
  • ■ 導入機能 : 資格管理
医薬品メーカーD社

導入前の課題

医薬品を扱っているD社では、工場の運営をするうえで必要な資格が、安全衛生関連等をはじめとして100種類以上もあり、それぞれの現場で定められた資格保有者を配置する必要がありました。しかし多数におよぶ資格管理は非常に煩雑であるため、全社レベルでの統一された管理方法が確立されていませんでした。

有資格者が異動することによって生じる法令への抵触、資格の有効期限切れなど、コンプライアンス違反が生じた場合の事業損失ははかり知れません。そのため同社ではコンプライアンス管理の徹底と、社内における資格取得者育成のための体制づくりが急務となっていました。

実現したかったこと

資格管理の一元化により、コンプライアンス遵守を徹底したい

SKILL NOTE の導入効果!
社内の資格状況を一元管理することで、有資格者不在のリスクを低減

以前は各部署で従業員の資格取得状況を管理していたため、異動や退職、更新漏れ等によって必要な現場に有資格者が不在となるリスクをはらんでいました。しかしSKILL NOTEによって全従業員の資格保有状況を一括管理できるようになったため、法令遵守のためのマネジメントが容易かつ確実に行えるようになりました。

より戦略的に、従業員の資格取得を促進したい

SKILL NOTE の導入効果!
将来の喪失資格を把握し、戦略的な資格取得計画を実施

すべてのデータをSKILL NOTEに集約することで、資格保持者の経年変化や、将来的な喪失資格が可視化されました。そのため経営層や人事課では、事業戦略や法令に沿った適切な資格取得の計画立案が可能となりました。

現場担当者より

「より確実な、コンプライアンス遵守のための対策ができるようになりました」

資格の有効期限切れや必要な資格取得者の不在などのリスクを、手動で徹底的に管理するには限界を感じていました。しかしSKILL NOTEにデータを集約したことで、今まである程度個人に任せていた資格更新の徹底管理や、異動・退職などによる人事配置などを、ミスなく適切に行うことができるようになりました。法令遵守の確実な根拠となる免許や免状のデータ保管、有効期限切れのアラート機能など、細かいところにまで配慮されているため安心です。

SKILL NOTE の機能詳細や導入事例を確認いただけます。