スキルマップ

力量管理を効果的に行っている企業の共通点とは【事例紹介】

力量管理について、運営上の課題をお持ちの企業も多いと思います。しかし力量管理は、積極的に活用することによって企業にさまざまなプラス要素をもたらしてくれます。この記事では、具体的な事例を交えて、力量管理を効果的に行っている企業にはどのような共通点があるのか、そのポイントをお伝えします。

続きを読む

「力量」とは何か? 企業における力量管理の基本と今後の可能性

「力量(りきりょう)」とは、個々の業務に必要な技能、知識、資格、経験等の能力のことを指しています。多くの企業では、ISO対応や顧客監査の対策として力量管理を行っているケースが多いのではないでしょうか。しかし力量管理を活用することによって、企業活動にさらなるプラスの影響を及ぼすことが可能です。この記事では、力量管理の基本事項と可能性について解説します。

続きを読む

製造業の多能工化を推進する3つのステップと成功企業の特徴とは

多能工化(マルチスキル化)とは、組織内で働き手一人ひとりが複数の業務に対応できるよう、教育・訓練を行うことを意味しています。製造業が多能工化を推進するにあたり、多くの企業が直面する課題にはどのようなものがあるのでしょうか。よくある課題を解決するためのステップに加えて、多能工化に成功している企業の特徴をご紹介します。

続きを読む

IATF16949とは? ISO9001との違いとスキルマップの活用

IATF16949とは、世界各国の主要な自動車メーカーが導入している、自動車産業特有の品質マネジメント規格です。この記事では、IATF16949が生まれた背景とその目的に加え、要求事項を満たすためのスキルマップ(力量表)活用法についてお伝えします。

続きを読む

【無料ダウンロード】ISO9001対応!すぐに使える教育訓練記録テンプレート

教育訓練記録は、従業員が業務に必要な力量を身につけるために行った教育・訓練の結果を記録したもので、その教育・訓練が有効だったかの評価を含む情報を指します。
ISO9001の力量管理でも、要求事項として教育訓練記録などの文書化した情報の保持が求められています。

ここでは、ISO9001の力量管理で求められている教育訓練記録などの文書化された情報について概要を説明しています。

また、下記より無料のテンプレートがダウンロード可能です。ぜひご活用ください。

続きを読む

【用語解説】ISO9001 のスキルマップ(力量表)とは

ISO9001の力量管理では、スキルマップ(力量表)を使うのが定番となっています。
社内の管理規定やルールに基づいて、実際にスキルマップを作成されているご担当者も多いと思います。
そもそも、ISO9001において、スキルマップとはどのような位置付けになっているのでしょうか。

ここでは、ISO9001の要求事項の一部をご紹介しながら、ISO9001の力量管理において、スキルマップがなぜ必要なのか、どういった目的で使われているのかをご紹介します。
スキルマップの運用に悩みをお持ちの方も、ISO9001におけるスキルマップについて、その目的を再認識いただけると思います。

続きを読む

スキルマップ(力量管理表)の作成方法|スキル体系、評価基準、スキルの棚卸など

いざ、スキルマップを導入しようとすると、「職場に合ったスキルマップはどうやって作ればよいの?」「うちの職場につかえる見本はないかな?」というお声を耳にします。
また、すでにスキルマップを導入している組織においても、「スキルマップを見直したい」「もっと改善できないかな」というお悩みがあります。

残念ながら、すぐに自分の職場で使えるスキルマップのテンプレートはありません。
スキルマップは、あくまで自社や職場にあったものを作成して、初めて効果を発揮できます。

でもご安心ください。
スキルマップの作成には、難しい知識や能力が必要なわけではありません。
基本的な作成方法を頭に入れておけば、誰でも職場に合ったスキルマップを作ることができます。

そこでこの記事では、3つのステップできるスキルマップの作成方法の基本を紹介します。
この3つのステップをしっかり抑えることで、職場に合ったスキルマップを作るための基本的な考え方が身につきます。

続きを読む